​金継ぎワークショップ

※毎月最終日曜日に開催している金継ぎワークショップですが、12/27は冬季休みに入るため、12/20に変更させていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

​金継ぎとは、日本特有のうつわの修繕技法です。

欠け、割れ、ヒビなど、破損してしまったうつわをご持参いただき、修繕方法を指導いたします。

参加ご希望の方は、開催日時と内容をご確認いただき、CONTACTページのお問い合わせフォームよりご連絡ください。


【開催日時】

毎月最終日曜日

16:00ー18:00

【参加定員】

​4名


【参加料金】

お一人様 税込4500円(材料費、焼成費込み)

お茶碗、小鉢、小皿、豆皿、マグカップ、一輪挿し、など破損してしまったうつわと破片をお持ちください。

【ワークショップ内容】

伝統的な修復方法は、破損部分を漆(うるし)で接着し、金粉で表面を覆います。

しかし、漆を扱うには、

・状態によって漆を使い分けたり、硬化させるための湿度管理などの技術が必要

・工程ごとに乾燥をさせるので出来上がりまでの日数がかかる

・高価な漆や金粉を使う事で材料費がかかる

という点で、気軽に体験いただくということが難しくなってしまいます。

そこで、私たちの陶芸教室では「現代版の金継ぎ」を行っており、漆の代わりに陶器用の接着剤、金粉の代わりに真鍮粉を使用しています。その為、参加費用もお手頃に、2時間で仕上げてそのままお持ち帰りいただけます。お気軽に参加いただければと思います。

作業工程は以下の順で行います。

1. 欠け、割れ、ヒビの状態に合わせて継いでいく

2. 接着部分の表面を磨く

3. 真鍮粉を使い、割れた部分を筆でなぞる

【お願いしたいこと】

ワークショップ終了後に現金でのお支払いをお願いいたします。

エプロンはご用意していますが、汚れても良い格好でお越し下さい。

当日は開始時間の5分前に教室にお越し下さい。遅刻してしまった場合、お時間の延長や返金は行えませんのでお気をつけください。

ワークショップのキャンセル、日程変更の場合は開催前日の13時までにご連絡ください。それ以降のキャンセルは原則受け付けておりません。

※COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大防止対策に関して※

 ・医療用マスクの持参、着用をお願いいたします。

 ・教室カウンターに消毒液を設置いたしますのでご利用開始時に手指の手洗いと消毒をお願いいたします。

 ・空気の入れ替えを行うため、頻繁に窓を開放することがございます。

 ・下記項目に該当する方はご利用をお控え頂けますようよろしくお願いいたします。

 ○体調がすぐれない方(咳・鼻水・倦怠感・味覚・嗅覚異常を含む)

 ○ご利用日当日の朝に体温を測り、体温が37.5℃以上、または平熱比+1℃)のある方

 ○同居されているご家族の方や、職場、学校など身近に接触する方の中に、新型コロナウイルス感染症に感染の可能性がある方、または過去14日以内に感染された方がいらっしゃる方

 ○過去14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航、並びに当該在住者との濃厚接触がある方

© 2023 by ADAM SCHARF(著作権表示の例)Wix.com で作成されました。

  • Facebook Black Round
  • Instagram Black Round